ゆかたを着るのに必要なもの

ゆかたを着るのに最低限必要なものをご紹介致しますね。

 

・浴衣

・帯

・腰ヒモ2本

・伊達じめ(写真下右側の薄いピンク)

・帯板(写真左側薄いピンクの板)

 

腰ヒモは腰に1本、胸の下に1本と計2本は必ず必要です。

どうしても1本しか無い場合は、伊達じめを直接胸の下に締めて代用できますが

襟がはだけないように注意しましょう ♪

 

その他応急処置として、

ハギレを細長く切ってひも状につないで使用したり、

ガーゼやサラシを巻いて代用することもあります ヽ(;▽;)ノ

 

伊達じめは、襟がはだけないように、

帯を締めやすくするためにする幅の広い布です。

腰ヒモを締めた上から伊達じめをします。

最悪伊達じめが無い場合・・・

直接腰ヒモの上から帯をまいていきます (*゚▽゚*)

 

帯板はなくても大丈夫ですが、

あると帯前のシワが無くなりキレイに帯が仕上がります。

帯じめなどを使用する場合は帯板を入れている方が、帯にくい込まずにしっかりと締まります。

帯板が無い場合・・・応急処置で厚紙を帯板の大きさ位に切って使用することもあります。

最近は兵児帯など帯板がいらない柔らかい素材のふわっとした帯が出てますね。

この帯は苦しくないので私も好きです ♡

 

これらの小物類は

最初に全て買い揃えておくと、お着物でも使えますので(浴衣用の帯板意外)あると便利です。

 

新たに購入しなくても、あるもので応急処置は可能ですので

まずは浴衣をきて、楽しんでくださいね (*'▽'*)♪