浴衣を上手に着るには①

嬉しいことに

夏は浴衣を着る機会がたくさんありますね ♡

女性にとっては「 いつもと違う自分 」を魅せるチャンスでもあります ♪

 

実は、浴衣は着付けの中では最も大事で着付けの基礎なのです。

浴衣と長着(襦袢の上に着るお着物の事)の着方は全く同じですので、

浴衣が着れるようになるとお着物も上手に着れるようになるのです。

 

洋服は、小さい頃から毎日着ているので普通に着ることが出来ますよね。

最初はボタンもかけれず・・・なんてことも

 

最初から上手に着れる人はいませんので安心を (^_-)-☆

下手でもいいのでまずは着てみましょう。

洋服のように数をこなすことが上達の一歩です。

 

綺麗に魅せるポイントが5つありますので

ゆかたを着たら鏡でチェックしてみて下さいね。

 

・襟合わせは左右対称になっていますか?

・衣紋は抜けていますか?

・おはしょりが前後ともキレイににでていますか?

・裾が落ちていませんか?

・帯が曲がっていませんか?

 

以上が5つのポイントです ♪

 

この夏、機会があったらどんどん浴衣を着てくださいね ヾ(@⌒ー⌒@)ノ